●活してみる主婦のブログ

妊活中主婦の妊活記録。その他毎日のことを気ままに綴ってます

卵巣嚢腫がきっかけで考え直した、わたしの不妊治療との向き合い方

体外受精は、多分もうしない。卵巣嚢腫の手術に踏み切ると決めた」と、前回書きましたが、そこに考えが至った経緯についてまとめておきたいと思います。

f:id:shufukatsu:20190901125237j:plain

考え直すきっかけとなった「卵巣嚢腫の肥大化」と「手術」

2年ほど前からずっと、5cm以下の大きさを保って存在し続けていた卵巣嚢腫(子宮内膜症性のチョコレート嚢胞、右側のみ)。ある程度以上の大きさになると、頸捻転や卵巣破裂などのリスクが高まることから、手術を視野に入れた方がいい病気です。不妊の原因のひとつとしてもよく挙げられ、「手術をすべきか」の判断基準となるサイズの目安は「6cm」とのこと……

わたしは、体外受精で妊娠し、その後流産〜胎盤ポリープを経て、とりあえずタイミング法から不妊治療を再開しましたが、その2周期目の2019年5月に、卵巣嚢腫の肥大化の可能性が指摘されました。それから約3ヶ月間、6〜6.5cmくらいの大きさを保っており、5cm以下のサイズに戻る気配がみられないことから、ゆっくりだが肥大化していると考えられるとのことで、妊娠する前に嚢腫の手術をして、リスクを排除することを検討した方がいいという話になりました。

わたしが手術を躊躇していた理由は「AMHが低い」こと

医師が手術を薦めているのなら、パパッと手術すればいいのでは?と思うかもしれません。でも、わたしには躊躇してしまう理由がありました。

「AMHホルモン値が低い(卵巣の予備能力が低い)」からです。2017年時点で「0.65ng/ml」、2019年の頭の時点では少し回復したものの「0.99ng/ml」。このAMH値は「卵子の元(原始卵胞)の残り個数」を示唆していると言われており、1ng/mlに満たないわたしの数値は、42〜46歳の平均値に該当する数値とのことです。

手術をして卵巣にメスを入れることにより卵巣へダメージが加わると、さらに卵巣機能の低下を招き、原始卵胞がもっと減ってしまう可能性があるので「子宮内膜症や嚢腫の治療よりも、不妊治療を優先させるのが最善策」という説明を、かつての担当医から受けたことを記憶しています。

 

ちなみに、卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞)の治療や手術、不妊治療についてはこちらがまとめられていて非常にわかりやすかったです。AMHの数値には触れられていませんが、30代後半で、子宮内膜症で5cm以下のサイズのチョコレート嚢胞がある場合、手術する前に不妊治療(体外受精)を行うのが良いという考えは、当時の担当医と全く同じ意見です。

women.benesse.ne.jp

 

実は「AMH」に振り回されてはいけない?! 

しかし、現在の担当医からは「手術により今後の妊娠率にそこまで影響は出ないと思うので、このまま妊娠してしまうリスクより、手術した方が安全」と言われました。あれ?これって、今までの自分の認識と違う見解です。そこで、改めてチョコレート嚢胞の手術と不妊の関係性について調べていましたら、こういう記事を発見しました。

www.hashima-hp.jp

個人的に、この内容は衝撃が大きかったです。チョコレート嚢胞の手術は「残存させる卵巣にダメージを与えないよう丁寧に手術をすれば妊娠に大きな影響は与えない」という部分もそうですが、何よりもAMHについての見解の部分です。

最新の研究ではAMH測定の意味に?印をつけざるを得ない結果が得られています。結論を言うと、AMHは検査をした時点での排卵誘発剤に対する卵巣の反応性の目安になるかもしれませんが、卵巣の予備能力、或いは卵巣内に貯蔵されている卵子の質を示すものではないということです。〜

婦人科「子宮内膜症、特にチョコレート嚢胞の治療について」

「AMHが低い」=「卵巣の予備能力が低い」ことを示すものではない?!

わたしは、AMH測定の結果によって卵巣の予備能力が低く(卵子の残数が40代並みに少ない)、そのうえ子宮内膜症で自然妊娠しにくい体質なので、このまま自然妊娠を待っていると先に卵子が尽きてしまう可能性が高い。

だからこそ、すぐにでも体外受精を始めなくては妊娠するのが難しい。

これは、絶対的な事実だとばかり思い込んでいました。実は、わたしは低AMHと子宮内膜症(チョコレート嚢胞)以外の不妊原因は特に検査していません。不妊治療でクリニックに通いはじめてすぐに体外受精をはじめたので、体外受精に影響のない「ヒューナーテスト」や「卵管通水検査」などの、その他不妊原因の検査は全く受けていません。

そんなわたしにとって、AMH理論が崩れてしまうとどうなるかと言いますと「30代半ばで子宮内膜症があり、普通より妊娠しにくいだけだった」ということになってしまいます(低AMHの判明当時は36歳)

こうなると、まずは子宮内膜症の治療→タイミング指導→(妊娠できなければ各種不妊検査)→検査結果に応じてステップアップ、という感じでよかったんじゃないの?と考えざるをえません。

f:id:shufukatsu:20190904134336p:plain

こちらにも書いたのですが、わたしの場合、AMHの数値が判明した後「できるだけ早く体外受精を始めないとヤバい!そして、他の何より不妊治療を最優先にした生活を整えないと、妊娠できなかった時に絶対後悔してしまう」と考えて、仕事も生活も食事も、金銭面の負担を考えてレジャーの頻度も、と…ライフスタイルのほぼ全てをガラッと変えました。

shufukatsu.hatenablog.jp

これはひょっとして…いろいろと判断を早まったのでしょうか?

なぜそれが「体外受精をもうしない」につながったのか

とはいえ、30代の半ばで自己タイミングをとって1年以上も自然妊娠せず、子宮内膜症とチョコレート嚢胞があるのであれば、不妊治療(体外受精)するという判断も間違ってはいないですよね。しかも、昨年は丸1年、流産と病気治療で療養していたから、現在は38歳…よけいに体外受精を早々に再開し、妊娠する確率を高めた方がベターな気がします。

なんですけどね…

卵巣嚢腫の手術について、それからAMH理論に振り回されて焦り過ぎてしまったのかも、という後悔も口にして、今後の方向性をだんなさんと話し合ったところ、心に刺さったのは「なつつは今を大事にしなさすぎる。妊娠するという将来に意識が行き過ぎて、今を犠牲にしている感じで、正直毎日の生活が楽しくなかった」と言われたことでした。

 

だんなさんの男性側の不妊検査の結果は問題なし(むしろ良好)で、不妊の原因が自分だけにあると判明したことは、正直かなりショックでした。

わたしは、基本的にいつもはテキトーで、自分を甘やかすタイプの人間なんですが、一度スイッチが入ると極端に己を追い込む傾向にあります(かつて、スイッチが入って糖質・脂質制限にハマり、生理が止まりかけたことはこちらに書いた通りです)。

しかも、イレギュラーに弱く、すぐ悲劇のヒロイン気分にドップリ浸かってしまうというめんどくさい思考の持ち主なので、仕事を辞めて体外受精に集中している時の「子どもを授かるために、体外受精のために出来るだけ節約して、体づくりして、家事もしっかりこなすいい主婦になって…自分の娯楽は最小限にしないと!」みたいな感じで w、常にどこか疲れた表情をしているわたしと過ごす時間は、だんなさんにとってあまり居心地の良いものではなかったそうです。今思うと当たり前なんですけどね、周りが見えていない状態ってコワイものです…

f:id:shufukatsu:20190904135052j:plain

その後、流産手術〜胎盤ポリープを経て体重が激減したこともあり、不妊治療よりもまずは体と心の回復を優先しないと、ということで、趣味のスイーツ巡りを再開し、時にふたりで外食を楽しんで、アルバイトだけど仕事も再開して…ようやく最近は、「今」を大事にした楽しい家庭環境に戻って来たのに、また「将来のために」と今を抑圧した、あのどんよりした状態に戻るのは正直嫌だと言われました。

自分に不妊原因がないからこそ、そう言えるんじゃないのかなぁ…と、思わなくもないです。でも、その当時は一切文句も言わず、仕事が忙しい中でも体外受精のために一緒に通院したり、その後の流産手術や病気治療にも全面的に協力してくれた優しいだんなさんのこの言葉は、心に突き刺さりました。

 

そこで出した結論は、AMHのことは一旦忘れて、手術で子宮内膜症とチョコレート嚢胞をしっかり治療し、その他の不妊原因の検査もしてみる。その結果、明確に体外受精が必要な不妊原因が見つからなければ、体外受精はもうしないということです。この結論を受けて、担当の先生に相談したところ、手術時に「卵管通水検査」も合わせて対応してくれることになりました。

 

もし、その他に不妊原因が判明してしまったら、もちろん体外受精を再開しますけど、それ以外は体外受精はもうしないと決めたら、気分が軽くなったのは事実です。やっぱり体外受精における精神的圧迫は大きいんだなぁ、と、ちょっと実感したりしています。

 

先日、手術前検査と家族同伴の手術説明も聞いてきまして、正直ちょっと手術は怖いんですが、体への負担が最小限に抑えられる腹腔鏡手術ですし、きっと大丈夫でしょう( ◠‿◠ )

まずは目前に迫った手術を無事乗り切ってきたいと思います。 

 

 ☆なつつ☆

 

************

▼妊活といえば葉酸。わたしはこれを飲んでます。

妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ♪

 

葉酸サプリ、あり過ぎてどれがいいのかサッパリ… なら、コスパ重視のこちらをぜひ!

************