●活してみる主婦のブログ

妊活中主婦の妊活記録。その他毎日のことを気ままに綴ってます

「胎盤ポリープ」の疑い〜④短期間で完治!

流産手術後の検診で「胎盤ポリープの疑い」という診断を受け、まさかの抗がん剤治療。副作用も出てツライ…この負のスパイラルは、いつまで続くのか…なんて落ち込んでいましたが、予想外に短期間で完治してくれました(≧∀≦)!

20190117080952

これまでの詳細はこちら▼

 

 

抗がん剤治療はたった1回のみ!

抗がん剤点滴の10日後、血液検査をしました。

 

◆血中hCG 17.1mIU/mL(前回の測定値:73.5mIU/mL)

 

驚くべきことに、一気にhCGの値が50以上の大幅低下という結果に(゜◇゜)!

胎盤ポリープのサイズや血流が盛んな状態には変化が無かったのですが、いずれ0に近い状態まで数値が下がっていくと腫瘤も弱って完治が見えてくる可能性が高いので数値が下がっているのは良い傾向とのこと。先生からも「投薬の効果が出ているようで順調です」との嬉しいお言葉をいただきました。

さらに嬉しかったのが、継続してしばらく続けるはずだった抗がん剤の点滴も、数値の低下具合が順調だったので「一旦様子見とし、投与中止」となったことです(^ ^)

 

まだ、この段階では大量出血のリスクがつきまとっているのは変わらずなのですが、副作用で気分も落ち込み気味だったので、すごーく嬉しかったです。

 

しかし改善が見られず、そのまま年越し…

しかし、その後はあまり変化が見られないまま2週間が経過します。

 

◆血中hCG

1週間後:15.2mIU/mL

2週間後:14.4mIU/mL

 

数値は微減……

ポリープのサイズ、血流盛んな状態にも変化はありませんでした。

次の検査は約2週間後となる年明け。この状態のまま年末年始を迎えることが確定。しかも、年明けの検査でも引き続き改善傾向が見られなければ、再度、抗がん剤点滴を検討することになりダブルショック。 

なので、例年とは違って今回はちっとものんびり出来ない年越しでしたね(T . T)

 

救急にも対応している大学病院なので、もし何か異変が起こったら、年末年始とか関係なく対応してくれます。ですが、大量出血がいつ起こるかわからない状態なので、旅行や遠出はおろか、人でごった返す年末年始の外出なんて怖くて出来ません。そこまで遠方では無いですが実家・義実家への帰省すら「帰省している時に出血したらメチャクチャ迷惑をかけるし、まして新年のご挨拶なんておめでたい席で救急搬送になったら最悪……」と気が引けてしまって( ;´Д`)

そんな訳で、ひたすら家にこもってました。

 

こんな状態なので、せめて食道楽したかったのですが、抗がん剤治療の影響で胃が小さくなってしまったのか食欲もあんまり無く、フラストレーションたまりまくりでした w

 

年末に出血が始まり「何か」が出た感覚が

そして、まさかの出血が始まります。

あと数日で年越し、というタイミングでした。大量出血というほどではないものの、腹痛を伴う出血。正直、「まじかー(´;Д;`)」って感じでした。

病院からの指示は「生理2日目以上の大量出血が発生した場合はすぐに連絡してください。少量の出血であれば大丈夫です」という内容だったので、まずは様子見することにしました。

 

その後も徐々に出血量は増えていき不安は募る一方……

ですが、胎盤ポリープから出血していると言われた時と異なり、今回は腹痛を伴っており生理の症状にかなり近いもので、出血が始まって4日目に大晦日を迎えたのですが、その頃には徐々に出血量も減っており、腹痛も楽になってきました。

 

そして、その時は来ます。

大きい方の用を足していたら(まあ、要はちょっと力んだら w)子宮から「何か」が出たような感覚がありました。

用を足した後にトイレをよく観察すると、便に混じって生理の経血がいつもより多めにドロッと出ていたのですが(汚くてすみません…)その中に1cmくらいの塊のようなものが見えました。

「何か」が出た違和感があったのは、この塊?何か体調変化のサイン?と思いましたが、この日は大晦日。だんなさんと年越しっぽいTV番組たちをザッピングしつつ笑い合いながら、年越し蕎麦を用意したりと穏やかな時間が過ぎて、この日は深く考え込むことはありませんでした。

 

年明けの検査で「ポリープがない!」

そんなこんなで、年明けの検査の日が来ました。

晦日に「何か出た」感覚があってから出血量も徐々に減って、検査の日にはすっかり出血も止まっていました。いつもなら、何か異変が起こると検索魔になってスマホ片手に考え込んじゃうんですが、今年の年始はだんなさんも実家に帰省せず一緒に過ごしてくれたので(ありがたかった……)、何か起こっても心強いという安心感で気にしすぎず過ごせたのも良かったかもしれません。というか、検索したところで胎盤ポリープについて書かれている事例とかブログが少なすぎてどうにもならないのですが w

 

血液検査のために採血をして、まず内診室に呼ばれました。

 

内診中、先生から「出血とか、何か変化ありませんでしたか?」と質問があったので、一連の出血と「何か出た感覚」について話したところ、「やっぱり!ポリープが無くなってますよ」とのお言葉が!

 

血液検査の結果も……

◆血中hCG >2.0mIU/mL

 

こちらの大学病院では、hCG>2(2以下)は正常値として扱われます。すっかり正常値ですヽ(;▽;)ノ

先生の見解では、「年末の出血は生理の可能性が高く、塊がでた感覚があった、その時にポリープも経血と一緒に体外に排出されたんでしょう」とのことでした。

 

やったー!胎盤ポリープ完治(^ ^)

この日、無事「完治」の太鼓判を先生からいただけました。

この瞬間は飛び上がらんばかりに嬉しかったです(≧∀≦)!

 

欲を言えば、2018年中の検査で完治してくれれば気持ち良く年越しできたなあ、とは思うのですが w、おそらく2018年の大晦日にポリープが排出されて、健康な状態で2019年をスタートできていたんだと思うと、ちょっと清々しく、今年は素晴らしい1年になってくれるんじゃないかなー、とワクワクしますね。

 

余談ですが、わたしは2018年は後厄でした…。本厄の2017年、糖質制限をやりすぎて生理が止まりかけたことがきっかけでAMHが低く妊娠しにくいことがわかり、悩んだ末に仕事も辞めて(詳細はこちら)、2018年は不妊治療(体外受精)に専念。しかし、結果は出ず、稽留流産での流産手術を経験して胎盤ポリープにもなってしまってと…、ある意味厄年らしい(?!)激動の年々でした。

仕事を辞めて主婦になり時間に余裕があるはずなのに、考え込んだり塞ぎ込んでることが多くて不妊治療以外はやりたい事もあまり出来ませんでした。

 

2019年、平成最後となる今年。

まずはもう一回、正常に生理が来ることを確認してから「不妊治療再開のお墨付き」を頂く必要がありますが、ようやく、やっと!また赤ちゃんを迎えられる状態が整いました。

 

「今年は素晴らしい1年になる!」

 

このワクワクした気持ちを忘れずに、日々を大事に過ごして行く。それが今年の目標です!がんばるぞ(´▽`)ノ♪ 

  

☆なつつ☆